1. TOP
  2. 書籍
  3. 教養
  4. ノンフィクション
  5. 医療・闘病記
  6. いのちの値段 病むからこそ、死があるからこそ、分かること、人と分かちあうことがある。 医療と費用を巡る50の物語

いのちの値段 病むからこそ、死があるからこそ、分かること、人と分かちあうことがある。 医療と費用を巡る50の物語

$26.00

読売新聞医療部/著

講談社

2018年12月

978-4-06-514037-6

253P 19cm

5~7営業日程度で出荷します

おすすめコメント

読売新聞朝刊看板連載医療ルネサンスにおいて読者からの大反響によって一年半の長期特集となったシリーズ「いのちの値段」を書籍化。 現代社会が抱える医療の問題を見つめなおします。

ページの先頭へ戻る