1. TOP
  2. 書籍
  3. 文芸
  4. 日本文学
  5. 文学 女性作家
  6. おらおらでひとりいぐも

おらおらでひとりいぐも

$24.00

若竹千佐子/著

河出書房新社

2017年11月

978-4-309-02637-4

164P 20cm

5~7営業日程度で出荷します

文学賞情報

2017年54回文藝賞受賞

おすすめコメント

「おひとりさまの老後」を迎えた桃子さん(74歳)という、戦後日本女性を凝縮した存在を明るく描いた本作で、第54回文藝賞を史上最年長で受賞。 続いて、第158回芥川賞を受賞。 岩手県出身の若竹千佐子さんの、63歳のデビュー作。既存の「青春小説」というカテゴリーに対して「歳をとるのも悪くない、と思えるような小説」という意味で、「玄冬小説」と呼ばれています。 一人になることで本当の自分と出会い、そこからはじめて他者との新たなつながりを見いだす…。 リズムあふれる文体と東北弁で綴った、「老いの境地」は、随所にちりばめられた郷愁やユーモアと相まって、読者の心に大きく響きます。 “老いは不安や諦観ではない。豊穣で楽しくて、待ち遠しいものなのかもしれない。” 55歳のとき、夫が突然、脳梗塞で死去。その後8年を経て執筆した、著者の思いが込められた一冊。 ぜひ、ご一読ください。

出版社・メーカーからのコメント

74歳、ひとり暮らしの桃子さん。 おらの今は、こわいものなし。 結婚を3日後に控えた24歳の秋、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように、故郷を飛び出した桃子さん。 身ひとつで上野駅に降り立ってから50年――住み込みのアルバイト、周造との出会いと結婚、二児の誕生と成長、そして夫の死。 「この先一人でどやって暮らす。こまったぁどうすんべぇ」 40年来住み慣れた都市近郊の新興住宅で、ひとり茶をすすり、ねずみの音に耳をすませるうちに、桃子さんの内から外から、声がジャズのセッションのように湧きあがる。 捨てた故郷、疎遠になった息子と娘、そして亡き夫への愛。震えるような悲しみの果てに、桃子さんが辿り着いたものとは―― 青春小説の対極、玄冬小説の誕生! *玄冬小説とは……歳をとるのも悪くない、と思えるような小説のこと。 新たな老いの境地を描いた感動作。第54回文藝賞受賞作。 主婦から小説家へーー63歳、史上最年長受賞。

ページの先頭へ戻る